化粧品&日用品
プラスチック循環型経済の最前線
欧米の先進事例から学ぶ

下記のボタンより申し込みいただけます



 廃プラスチック問題への消費者の関心は高い。化粧品・日用品業界の専門誌『国際商業』が日本、中国、香港、台湾、韓国、タイ、ベトナムの消費者1717人に調査したところ、9割を超える1559人が廃プラ問題に関心を示した(『国際商業』2019年8月号に掲載)。しかも、積極的に環境配慮型商品を購入している人は約40%の677人、時々購入している人は約55%の934人。購入していないのは、わずか106人だった。●プラスチック循環型経済の構築に後ろ向きな企業は、市場から退場を迫られても不思議ではなく、プラスチックを多用する日本の化粧品業界にとって喫緊の課題である。●だが、廃プラ問題への対応は、欧米のアクションが早く、その影響は日本を含むアジアに波及。日本市場とアジア市場を連動させるボーダレスマーケティングに力を入れる日本企業は、難しい舵取りを迫られている。そこで今回の『国際商業』主催のセミナーでは、野心的な気候危機対策・脱炭素目標を掲げるEU(欧州連合)に加え、プラスチック循環型経済の構築に挑んでいる欧米発の団体を招き、プラスチック循環経済時代のビジネスチャンスを探っていく。



日 時:2020年2月28日金曜日

時 間:午前10時15分〜午後4時30分(午前10時より受付)
    午後4時30分〜午後5時30分(名刺交換会)

会 場:TKPガーデンシティPREMIUM丸の内パシフィックセンチュリープレイス ホール13A

受講料:30,000円(1名様・税込み)

1名...30,000円
2名...50,000円(10,000円引き)
3名...65,000円(25,000円引き)
4名...80,000円(40,000円引き)
5名...応相談


下記のボタンより申し込みいただけます